様々なニーズへの対応できる不動産担保ローン

預金連動型の特徴

東京スター銀行では、一般的なローンのみならず、不動産を担保としたローンも提供されています。この類のローンについては、他のローンに比べると、申し込む人数としては、そこまで多くはないのですが、不動産を保持している方であれば、審査次第で利用することができるので、利用する機会があると言って良いでしょう。では、東京スター銀行の不動産担保ローンですが、一体どんな特徴があるのかについて、ここでは見てみることにしましょう。

不動産担保ローンの特徴の中でも、利用者にとって最も嬉しいのは、預金連動型であることです。預金連動型というのは、預金と金利が連動している仕組みのことを言うのですが、預金が増えれば増えるほど、金利が減っていく仕組みのことを言うのです。一般的に不動産担保ローンは預金と金利は無関係なのですが、東京スター銀行の場合は、預金と金利が密接に関係しあっているのです。この預金連動型を上手く活用するのであれば、単にローンを返済するのみならず、銀行の預金も多くすることが求められます。もし預金の残高とローンの残高が同額になれば、金利は0円となるのです。そうなれば、金利は一切かからない状態になるので、ローンの元金を返済することに専念していけば、自然とローン残高は減るようになるのです。これは、いわゆる繰上げ返済をするような感覚なので、それだけ返済も早く終わることが期待できます。ローンの返済では、金利の支払いが大変なのですが、このような負担をなくすのが東京スター銀行の不動産担保ローンなのです。

 

一生利用できる融資

不動産担保ローンを提供している金融会社は沢山存在しますが、東京スター銀行の場合、預金連動型以外でも、様々な特徴があります。もちろん、色々な特徴を知っておくことによって、不動産担保ローンの魅力を実感することができます。ここでは、不動産担保ローンの特徴として、一生利用できる融資という点について見てみましょう。
基本的にローンは、契約した本人が亡くなった後は、その名義で利用することができないものです。というのも、どんなローンでも、必ず返済をしていかないといけないからです。そのため、契約者本人が何かしらの理由で死亡してしまった場合、肝心の返済ができないということになりかねないのです。しかし、不動産担保ローンに関しては、そのような心配は要りません。もし万が一契約者本人が死亡したとしても、その後もローンの利用ができるからです。実際に不動産担保ローンに申し込んで、元金の返済をするのも、契約者が亡くなった後で問題ないぐらいなのです。また、融資を受けた金額については、一生に渡って利用することができるので、契約者のことについて心配することはありません。こういう場合は、契約者の配偶者である方が支払いや利用を引き継いでいけば良いのです。ただし、この場合、気をつけないといけないことがあります。それは、引継ぎに関しては、予め審査があるということです。審査の結果、不動産担保ローンの支払いや利用ができないこともあるので、その際は東京スター銀行のスタッフに確認することが大切です。

 

融資が受けられる金額

不動産担保ローンを東京スター銀行で利用した場合、ある程度の高額融資を受けることができると言われています。というのも、不動産はそれなりに高い金額のする担保なので、万が一支払いが不能になった場合でも、担保である不動産を換金することによって、支払い不能になった分に充当させることができるからです。では、不動産担保ローンを申し込んだ場合、一体いくらぐらいの融資を期待できるでしょうか。
これについては、審査次第で変わってきますが、高額な場合ですと、1億円近くの融資を受けることができます。ただし、この金額での融資が可能になるのは、あくまでも一戸建てで自己名義である場合です。そのため、マンションなどの場合や、家族名義の場合は、この金額よりも低くなります。また、新築か中古かによって、不動産の価値は変わってくるので、この点の判断も重要になります。融資を受けたお金の使い道ですが、基本的には色々な方向に使っていくことができます。ある人は生活費に使うことになるし、ある人はレジャーに使うことになるでしょう。もちろん、家の修繕費として活用する方法でも構いません。不動産担保ローンということで、比較的高額な融資になるので、とにかく色々な使い道が考えられるのです。また、もし今後病気になったり、あるいは入院などするリスクが考えられる場合は、そのための費用として取っておくこともできます。そうすることで、いざと言う時のために対処ができるのです。

 

有担保ならではの金利

不動産担保ローンは、高額融資が可能という点で、利用するお客様にとっては大きな利便性を感じます。しかし、金利のことを考えると、きちんと支払っていけるのか心配になる方も居ます。もし金利があまりにも高いと、金銭的な負担も大きくなってしまいますが、それではお客様にとっては都合が悪いことこの上ありません。そこで、金利をできるだけ安くしようと、東京スター銀行では試みているのです。実際に不動産担保ローンを利用するということは、無担保のローンとは違い、担保を決めた上で融資を受けるのですから、金利をある程度低くしても、十分元が取れるようになっているのです。これは有担保ならではの金利と言っても良いでしょう。では、不動産担保ローンの金利ですが、具体的にはどれぐらいの数値になっているでしょうか。
不動産担保ローンの場合、変動金利型と固定金利型で選ぶことができます。変動金利型の場合は、最低で年率2.4パーセントで、場合によっては3パーセント以上になることもあります。年率で何パーセントになるかは、経済状況などによって異なってくると言って良いでしょう。次に固定金利型の場合です。固定金利型の場合は、3年バージョン、5年バージョン、10年バージョンと選ぶことができます。3年バージョンだと年率3パーセント、5年バージョンですと年率3.005パーセント、10年バージョンですと年率3.2パーセントの設定となっています。もちろん、どのタイプを選ぶかは、自分で決めることができます。

 

投稿日:

Copyright© 不動産物件を見る!融資低属性の自営業が資金500万円で不動産投資物件を購入するブログ&ツイッター検索で追う不動産物件界隈の情報 , 2019 All Rights Reserved.